イベントログ

※ 練習会等のイベントのレポートです。
※ 写真等に関する無断転載はご遠慮ください。
※ 管理者によって許可された投稿のみを公開しています。
※ 誹謗・中傷その他不適切な投稿に関しては、予告なく削除いたします。
※ 写真等を添付する際には、著作権・肖像権等に配慮してください。
※ 写真等を添付する際には、640px × 480px 程度にサイズを落としてください。
※ 本文中における「透明度」とは垂直方向に見える距離とします。水平方向に関しては「透視度」と表現してください。
※ ログへの記載事項は、記入ガイドラインを参考にしてください。

なまえ
メールアドレス
タイトル
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

660件中15 (ページNo.1)      ホームページに戻る

久しぶりの3名体制。懐かしや〜 
後藤真由子 6/10(土) 19:07:41 No.20230610190741 返信 削除
開催年月日:6月10日(土)出航10:10頃、帰港13:10頃
開催場所:わかめポイント

参加者
リーダー:後藤
メンバー:青山、宮原

天気:曇り
気温:27℃
水温:20℃〜21℃
風 :北西1m→南東
波 :ほぼなし
流れ/うねり:流れややあり
透明度:10mちょい
使用機材:CBS(ボトム10kg、カウンター15kg、ターゲット時は追加ウエイト10kg使用)
ボトムカメラ:あり
練習船 :係留船
送迎船 :ゑびす屋さん送迎あり

練習内容
@WUP  ボトム側3名で実施、カウンターのロープはチェーンノットとカラビナで短くした。

Aレスキュー練習
3名体制のターゲットの手順確認
•選手、メインセーフティ(以下S1)、サブセーフティ(以下S2)のローテとした
•魚探不使用
•ロープ設定はS1、S2で確認
•ターゲットごとに追加ウエイトを付け替える
•タイムキーパーはS2とした
•CBS作動はS1とした
•水面引き上げ後の手順確認

Bターゲット
間隔を空けて安全に実施した

C休憩を挟んで通常練習

デブリ
追加ウエイトのプルージック付け替え時は1人がウエイトを持ち、もう1人がカラビナでウエイトを付けると負担なくできる
CBSを3人体制で運ぶ場合の手順を前もって3名で話合っていたため、安全に行えた。


個人的な感想
久しぶりの3名体制でのターゲットをおさらいできて良かった。
プルージック、チェーンノット、ボトムカメラなど、オプションセッティングにも対応できて良かった。

弘法にも筆の誤り 
ミヤハラ 6/5(月) 11:20:24 No.20230605112024 返信 削除
開催年月日:6月4日(日)出航10:00頃、帰港13:30頃
開催場所:わかめポイント

参加者 :
 リーダー:後藤
      青山、中野、河野、中村、宮原
天気:快晴
気温:25℃
水温:21℃〜20℃
風 :南から北に変わる(途中で船首が90度変わる)
波 :なし
流れ/うねり:なし
透明度:10m
使用機材: カウンター(ウエイトはメイン10kg、カウンター15kg
練習船 :係留船
送迎船 :ゑびす無限丸2往復

練習内容
・WUP、ターゲット:5名
 セーフティ練習:10mからの引き上げ

デブリーフィング

・ブリーフィング中は私語を慎み、集中してスムーズに進めるようにし、
   特に新しいリーダーが担当時は参加者で協力しあう事。
・サブリーダーになるにはロープリーダーの経験する。

・練習場所の近くは近隣漁港の航路になっているため、練習船、ロープから離れる場合は必ず声をかけること。             かなり離れてしまう場合は必ずバディをつけるように。

・CBS台を運ぶ為に2往復となり、一度係留船に荷物をおろし、操縦者と補助と2人で戻る事にしたが、港の方向を間違え進行方向を大きくずれてしまった。長年通っている人が操船していたので一同で驚いた。補助で乗船する人は定置網、地形等を確認して水先案内人となり、帰港できるようになりましょう。

・CBS台設置しました。少し後方よりになっています。
・引き上げロープと担架は練習時はえびす無限丸に置くように。

※赤クラゲでてます!

フロートでの練習会 
遠藤なな 6/4(日) 17:01:52 No.20230604170152 返信 削除
開催年月日:6月3日(土)出航10:00頃、帰港12:00頃
開催場所:わかめポイント

参加者 :
 リーダー:竹ノ内
 正会員 :河野、細田、遠藤
 準会員 :なし

天気:曇りのち晴れ
気温:18℃
水温:水面22℃、水底20℃
風 :北北西
波 :風波あり(うねり少々)
流れ:なし
透明度:15m
使用器材:フロート2個(ウエイト15キロ、10キロ)
     ロープ20m、30mで行いました。
     CBS使用なし
練習船  :えびす無限丸
送迎船  :えびす無限丸

練習内容
・WUP
 ↓
 セーフティ練習:10mからの引き上げ
 ↓
 2人ずつに分かれて各フロートにて練習
 ターゲット:なし

●デブリーフィング
・セーフティ練習の際、ノーズクリップのみの選手役を
 引き上げるときに口をおさえる手の位置に注意する。
 (目を突かないようにおさえる)

・フロート練習の時、水中に顔を少し
 いれないとラニヤードを付けることが出来ないのが
 不便でした。

◾個人的反省&感想
 今年初の海での練習会。寒さなど心配してましたが、
 3oウエット+ベストで気持ちよく潜れました。
 以外にも透明度も良くて嬉しかったです。
 ダイコンの電池切れに注意!まだダイジョブだろうと
 思いこんでいましたが、練習途中で電池切れに。
 気をつけます、、

潜り始め 
細田 5/28(日) 21:48:27 No.20230528214827 返信 削除
開催年月日:。5月27日(土)出航10:20頃、帰港13:10頃
開催場所:わかめポイント

参加者 :
 リーダー:竹ノ内
 正会員 :青山、石田、河野、後藤、細田
 準会員 :なし

天気:晴れ
気温:26℃
水温:20℃
風 :南東、2m/s
波 :なし
流れ:なし
透明度:8m
使用機材: カウンター(ウエイトはメイン10kg、カウンター15kg)
      CBS台なし
練習船  :係留船
送迎船  :ゑびす屋さん送迎

練習内容
・WUP、ターゲット、通常練習
 ターゲット:6名
 セーフティ練習:10mからの引き上げ

デブリーフィング
・シュノーケルが外れた時にシュノーケルフロートがあり、沈んでロストする事が無かった。
・シュノーケルが流された時に、単独で取りに行きそうになったためバディで取りに行ってもらった。
 練習場所の近くは近隣漁港の航路になっているため、近づく船がないか船上から確認する人も追加したほうが良い。
・係留船についていた休憩用ロープがないため、つけたほうが良い。
・CBS設置位置は船の排水を考慮し、少し後ろ寄りに設定したほうが良い。
・ジャッジ役用のチェックリストがあり、確認しやすく良かった。

感想
 水は少々冷たく感じましたが、日射しが強く船上が暖かく気持ち良い海でした。

2023年第2回海洋練習会 
石田正樹 5/28(日) 14:57:34 No.20230528145734 返信 削除
開催年月日:5月28日(日) 出航9:30  帰港12:30
開催場所:わかめポイント

参加者:リーダー竹ノ内
正会員:北原、青山、後藤、細田、河野、井上、中村、石田(リーダー見習い)
準会員:なし

天気:曇り時々晴れ
気温:24度
水温:水面19度、
風:南西5m
波:うねり少々
流れ:なし
透明度:10m
使用機材: カウンター(ウエイトはメイン10kg、カウンター15kg、台座なし)、フロート15kg、
練習船:係留船
送迎船:えびす丸

練習内容
ターゲット、係留船の両舷に捕まり用ロープ設置、10mからの引き上げ、ロープ毎の練習

デブリーフィング
・練習時ラニヤードつけ忘れを防ぐための提案。ラニヤードをロープを握る手の上につけたら目視しやすい。
・CBS台来週来る人はセッティいんぐを。
・フロートのセッティングをおさらいした。引き上げじ軌道確保の勝手が違うことに注意したい。あげることに一生けんめいで上げてから顔面が水没するケースが多く注意。
・アシナガバチがきたので海中から船上の機材を取る場合、目視して行うほうが安全。
・海況は少し悪かったが、他の場所や大会では普通。こういう時に大会練習のシミュレーションができるのでそういう意識で取り組む。
・リーダーサブリーダーに負担がかかりすぎるのはナンセンス。みんなが動けるように。全員が自律ダイバーとなれるように動くべし。全員のレベルをあげていきたい。
・装備などについてのコメントを言いやすい雰囲気で練習していきたい。
・引き上げの方法についての確認した。
・セーフティーが入るタイミングはメイン浮上60秒、サブ30秒前。ただし、ねんどはじめはダイブタイム短く適宜判断。


[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 .. 132 ]  次へ

管理〔0〕 MiniBBS