イベントログ

※ 練習会等のイベントのレポートです。
※ 写真等に関する無断転載はご遠慮ください。
※ 管理者によって許可された投稿のみを公開しています。
※ 誹謗・中傷その他不適切な投稿に関しては、予告なく削除いたします。
※ 写真等を添付する際には、著作権・肖像権等に配慮してください。
※ 写真等を添付する際には、640px × 480px 程度にサイズを落としてください。
※ 本文中における「透明度」とは垂直方向に見える距離とします。水平方向に関しては「透視度」と表現してください。
※ ログへの記載事項は、記入ガイドラインを参考にしてください。

なまえ
メールアドレス
タイトル
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

557件中15 (ページNo.1)      ホームページに戻る

梅雨明けしましたね 
しょうこ 8/2(日) 23:03:22 No.20200802230322 返信 削除
年月日:2020年8月2日(日)
場所:御子わかめポイント
中野(リーダー)、後藤、青山、丹羽、井上、井上
天気:曇りから晴れ、雷注意報
気温:32度
水温:27度(但し、10mぐらいでサーモクラインあり)
透明度:7-8m、
風:南東から途中北に変わったらしいですが、ほぼ感じられず落ち着いた天気
波:凪
流れ:北から少し


ターゲット:全員ホワイト
中野CWTB W
青山CNF W
小林FIM W
後藤FIM W
丹羽CWTB W →初ターゲットでWhite!おめでとうございます!!

セキュリティー練習
・ラニヤード外し(特に初めての丹羽さん、井上さんメインで)

本日より、引き上げロープをすぐ出せるよう道具カゴに入れて運用しています。
ターゲットの際はなるべくCBSの台の上に置いておきましょう(負傷者の引き上げにすぐに使用できるように)。

例年に比べて透明度の上がりが悪い
水温が高まり参加者のウェットスーツが薄くなりましたね。また、Newウェットスーツのメンバも多く、ウエットの重要性(生地等による潜りやすさの違い)を改めて感じた会でした。

可愛くなったCBS台に鳥の襲撃がすごいです。
ブラシ必須です。ゴシゴシしてもなかなか取れません。。。

1.  なかの @福井県    8/2(日) 23:14:19 No.20200802230322-1 削除
参加者:中野(リーダー)、後藤、青山、丹羽、井上、小林

2020年7月25日 海洋練習会 
柴田 (40〜49才) 7/29(水) 00:24:19 No.20200729002419 返信 削除
年月日:2020,07,25(土)
場所:神子わかめポイント
参加者:中野(リーダー)、小林、濱田、柴田
気温:26℃
水温:25℃
風:南南東のち南 6m/s
波:風波50cm
透明度:7m

新CBS台を運用開始。
嵌め合いの感触はガタなくピッタリ。
両端外側の保護板は直接フィットに寄与しない為、さしあたって急いで取り付ける必要は無い。
保護板の位置を舟に現物あわせする必要無く、台の外っ面合わせでネジ止めすればOKであることを確認した。
4連休でえびすやさんもお客さんが比較的多い日であったため、この日は作業はしないことに。
後日時間のある時に台を持ち帰って伝馬船とのフィッティング確認と、保護板及び防舷材貼り付けを陸上で行おう、ということになった。

ターゲット:
柴田 CWT W
濱田 CWT R(SP相手間違い 惜しい!)

セーフティ練習:
・基本的な水中BO引き上げ、水面での気道確保
・魚探の使い方習熟

デブリーフィング確認事項:
ダイコンの電池交換後や久し振りに使う場合は、フリーダイビングモードになっているか予め確認しておく。一度水圧を感じるとしばらく切り替えられなくなる機種は多い。
柴田ターゲット中、鼻から入った海水が右の耳管に詰まり、ボトムでタグをまさぐっている間に鼓膜に穴が開いて海水侵入。クルクル回りながらの浮上となった。
過去に何度か経験したことなので動揺無くさっさとモノフィンで浮上したが、サポートの中野さんは肝を冷やしたかも(ごめんなさい!)。
人数が少ない時はカウンターウェイトを増量しておく等、少人数ならではの器材準備をした方が良い。
黒い柴タグはやはりボトムで視認性が悪いので、特殊な練習用途に限って使うと良い。

1.  柴田 (40〜49才)     7/29(水) 00:38:52 No.20200729002419-1 削除
追記:
潜行ロープのラニヤードストッパ玉〜ボトムプレート間の距離が適正か、一度確認した方が良いかもしれません。
ちょっと遠いような違和感を感じました。


2.  なかの @福井県    7/29(水) 22:17:15 No.20200729002419-2 削除
御指摘のラニヤードストッパー玉〜ボトムプレート間の距離ですが、翌日の練習会時にも他参加者より同様の指摘がありました。
次回練習会時に検証します。

神子は今年も賑やかです! 
めぐ 7/28(火) 19:40:35 No.20200728194035 返信 削除
開催年月日 2020.7.26(日)
開催場所 神子わかめポイント
参加者 リーダー青山、中野、後藤、中野、石田、小林、濱田、丹羽

天気 曇り
水温 26度
気温 27度
流れ 少々あり
風 南東
透明度 10m
波50センチ

ターゲット
青山 CNF  W
中野   CWT  W
石田  FIM Y
後藤 FIM W
濱田 CWT  W

セーフティ練習
カウンターバラスト作動の上、船上まで選手を引き揚げる

丹波さん正会員昇格!!これからもよろしくお願いします!!

デブリ
丹波:全員で準備運動する時間があると思ってしていなかった。スクールなどではある。今後は時間を調整してやっておく。

石田:先週とやり方を変えたら耳抜きがうまくいかなかった
マスクが曇りやすいので次回しっかり磨いてくる ジフが有効? 船上ひきあげを久しぶりにやったので、手順を確認しておきたい

後藤:アップは2本で調子がよくできた
ターゲット、ミューでお迎えにいったらロングフィンに追いつけなかった 潜り方を見直す ターゲットはリラックスがテーマなので深度を変えずにしばらく練習する

小林:今日はカメラ専任
色んなフィンワーク、潜り方をみれた 来週からターゲットをする 丹羽さんのひきあげはパワフルで良かったが最初にラニヤードを取ったらなお良かった。CBSの作業手順を練習の最初に確認していくのがいい。

青山:ブリーフィングの話が長くなってしまったので反省。短くするようにする 2人潜ったら水面にいる3人目がロープをつかんで目視及びロープシグナルを確認する
練習の開催を3人でする時のカウンターバラストの作動のフォーメーション等色んなパターンを再度確認していく
アップ時など2.3メートルの潜水をするときでも誰かに見ててもらうように

濱田:セーフティ練習の時だけ慌てて取り出すのではなく、船上に引き揚げる紐は最初にだしておくのを基本にしていきたい
カメラが入ってくれたことで、自分がいない方のロープの選手が見れたりしてとても良かった

久しぶりの練習、気持ちよくできました!!!!!

令和2年7月24日 海洋練習会 
石田正樹 (40〜49才) @三重県 7/25(土) 11:04:57 No.20200725110457 返信 削除
開催年月日:2020年7月24日(金)
開催場所:神子わかめポイント
参加者:青山(リーダー)、中野、小林、後藤、石田

気温:28℃
水温:24℃
風:南東、3-4m/s
波/うねり:風波50cm
流れ:なし
透明度:9m

ターゲット:
中野 CWTB W
青山 CNF W
小林 CWTB W
石田 FIM W
後藤 FIM W

セーフティー練習:
「浮上開始後の再潜行」は非常に危険であり、ルール違反(Ver16.2 5.2.2)であることを再確認。そのような動きをした場合、魚探でどのように見えるか確認し(10m未満の安全深度で実施)、みなで認識できるようにした。

4連休1回目の練習。風波が少しあり濁りもかなりありましたが、波酔い、熱中症になる人もおらずスムーズに練習ができました。水中はワレカラが多めでした。

新しいCBS台にロゴが入り船上での若干の組み立てを残しほぼ完成。練習後、古いCBS台を解体しました。

デブリーフィングでの確認事項:
事故予防として、参加者の生活パターン(仕事忙しい、睡眠不足、飲酒、内服薬など)で気がかりなことはお互い言葉に出していえるようにしておく。
練習中も、細かい注意点でもお互いに遠慮せず指摘できるような雰囲気をつくっていく(とくに新メンバー参加時)。
ラ二ヤードをロープにかけ忘れないことの徹底(とくに練習はじめ)。

令和2年7月19日 海洋練習会 
井上富美子 7/19(日) 23:52:03 No.20200719235203 返信 削除

開催年月日:2020年7月19日(日)
開催場所:神子わかめポイント
参加者:中野(リーダー)、後藤、河野 、青山、小林、石田
準会員:井上
船上見学:(株)キヌガワ様

気温:30℃
水温:24℃
風:なし
波/うねり:なし
流れ:なし
透明度:15m

ターゲット:
中野 CWTB W
小林 CWTB W
青山 CWTB W
河野 CWTB W
後藤 FIM W
石田 FIM W

セーフティー練習:
水中引き上げ。


ようやく夏が来た!というような晴天と暑さ、夏の若狭湾らしいべた凪の練習日和。熱中症に気をつけながら臨みました。

本日は(株)キヌガワの社員の方が、GULL SKINの新しいカーボンロングフィンを持ってきてくださり、試し履きをさせていただきました。

各々が何種類かのフィンを履き比べ、デブリーフィングではその感想や質問のシェアが中心となりました。
軽い!という感想が圧倒的だったのと、普段プラフィン中心のメンバーからは、セーフティ時の疲れや体力的消費を軽減できる重要性を感じたとの声もありました。
海洋練習で、また本日の好環境で、実際に潜って試してみられるという貴重な機会をいただき、有り難かったです。

新しいCBS台のペンキ塗り(仕上げのロゴ入れ)は、次回に持ち越しです。


その他デブリーフィングでの確認事項:
JAS会員に送られた、肺の外圧症についての報告について、メンバーに共有がありました。
事故の可能性や、症状、発生時の緊急対応について、確認しました。


[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 .. 112 ]  次へ

管理〔0〕 MiniBBS