イベントログ

※ 練習会等のイベントのレポートです。
※ 写真等に関する無断転載はご遠慮ください。
※ 管理者によって許可された投稿のみを公開しています。
※ 誹謗・中傷その他不適切な投稿に関しては、予告なく削除いたします。
※ 写真等を添付する際には、著作権・肖像権等に配慮してください。
※ 写真等を添付する際には、640px × 480px 程度にサイズを落としてください。
※ 本文中における「透明度」とは垂直方向に見える距離とします。水平方向に関しては「透視度」と表現してください。
※ ログへの記載事項は、記入ガイドラインを参考にしてください。

なまえ
メールアドレス
タイトル
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

598件中551555 (ページNo.111)      ホームページに戻る

8月3日 神子はレジャー真っ盛り 
mayu @京都府 8/3(日) 22:08:23 No.20080803220823 返信 削除
練習会場である神子の「わかめポイント」周辺は、ジェットスキーやダイビング、島渡しなどなど、夏★本番!!

浜辺を歩くムチムチのビキニお姉ちゃんを遠い目で眺めつつ…

「あぁ、海ってこういうモンやんな…」

ウエットで身体は蒸れ蒸れサウナ状態。
本日もストイックに練習開始です。

流れ:なし
風:なし
透明度:8〜10m
水温:30〜31度(水面)
参加者:金澤(♂)、竹之内、山田、マイルズ、後藤
見学:金澤(♀)

★ターゲット結果
1.竹之内 CWF-35m申告 達成
2.金澤(♂) CNF-35m申告 達成
3.山田 FIM-30m申告 達成
4.マイルズ FIM-25m -22m
5.後藤 CWT-15m申告 達成

★レスキュー
マスクが何かの事故で外れてしまったことを想定した練習。
各自一定の深度に達したらマスクを外して浮上。
視界や水の感覚を確認。


★レスキュー後の個人練習
私はターゲット後の練習をパスし、水面でのサポートに回りました。やはり経験不足でして、みなさんの浮上スピードに付いて行けず、満足にサポートを行うことができませんでした。同じ目線からスタートして浮上すると、どうしても体力差を感じてしまいます。フィンワークを細めに行うとか、実力の範囲内で、もうちょっと余裕を持ってサポートできる方法を考えます。

今までシュノーケルなどでも、海で疲れを感じることはなかったのですが、本日はさすがに疲れを感じました。。

1.  MAGY     8/5(火) 11:14:19 No.20080803220823-1 削除
お疲れ様です。今から沖縄です。

細かいことですが、これまでのログ内で使用されている種目の表記に少し間違いがあると思います。

コンスタント・ウェイト・ウィズフィン→CWT
コンスタント・ウェイト・ウィズアウトフィン→CNF
フリーイマージョン→FIMもしくはFI

だと思うのですが、コンスタントウィズフィンはCWFと書くこともあるのかな?


2.  mayu     8/5(火) 22:27:40 No.20080803220823-2 削除
上記のは、ただ単に私の表記ミスです。ごっちゃになってしまいスミマセン。
たぶんログの流れからいって、CWTなんだと思いますが…
CWFのログもありますね。

私もどっちなのか、よくわかってないで書いてました。

どなたかご説明の上、訂正返信してください。


3.  金澤     8/6(水) 07:29:54 No.20080803220823-3 削除
コンスタント・ウェイト・ウィズフィン は、CWTが一般的でしょう。
AIDAでの競技規則は、英語版・日本語版ともにCWTと表現されて
います。また、AIDA-InternationalのRankingも、2003年以降CWTで
統一されています。

FREE、IAFDなど他団体については調べていませんが、少なくとも
日本ではCWTの表記が一般的ですし、無限でもCWTの表記でいきましょう。


4.  たけ @大阪府    8/6(水) 07:47:26 No.20080803220823-4 削除
ログでは-35mになってますが
この日はCWTで-37mに挑戦、成功はしましたが
鼓膜を損傷してしまいました。

経緯
CWT-35mも3回成功して、余裕ではないですが、もうちょっと
行けるかなと思い。
この日は-37mの自己新を申告、アップもいつも通り体調も問題ないと
思ったので申告通り-37mに挑戦。

潜行中は特に問題は無かったと思いますが、ボトムプレートが
見えて最後の耳抜きをしようと、もがいているうちにプレートに
に到達、速度が止まったので、ボトムで耳抜きが出来ましたが
いつもと違う感覚というか音を左耳に感じました。

痛みとかは無く、ボトムに有るはずのタグが無いことに焦る。(後記)

浮上時も特に問題なく、目眩とか、方向感覚に問題は無かった。
浮上後、SP 30秒後OK、左耳に違和感があったが、普通に音も聞こえて
いたのでちょっと強く耳抜きをしてしまったからだろうと思っていた。
なにより自己新達成の満足感に浸ってしまう。

その後に金澤さんのターゲット、私はサポートに付き、潜行しようとするが
左耳が抜けず激痛が走る。その時に初めて左耳の異変に気づく。
水面で耳抜きの要領で耳に空気を送るとシューと抜けて行く
鼓膜が破れていると、この時始めて判った。


反省
スムーズな潜行が出来なければ、引き返すのは当たり前の事ですが
一番の問題は耳に異変を感じながら、サポートに入った事です。
今回は山田さんがすぐに私の変わりにサポートに入って
くれて事なきを得ましたが、サポートに入る時も万全でなければ
ならないと思いました。
「大丈夫だろう」と言う過信が一番危険に思いました。

後記
今回、ラニヤードに一回り大きなカラビナ(ちょっと重い)を付けて潜りました。
もしかしたらタグの洗濯ばさみにカラビナがぶつかって、外れて
しまったのかもしれません。改良の余地ありますね・・・・

鼓膜は病院にいきましたが、中耳炎を起こしているので、ちょっとの間、通院します。
診断結果は後日ご報告します。


5.  強化部長=酒井です。 (30〜39才) @奈良県    8/6(水) 21:45:45 No.20080803220823-5 削除
竹ノ内さん、大事に至らなくてよかったですね。
私も、同じような経験をした事があります。
(サポートに入れなかった事、奇遇?にも私も山田さんに助けてもらいました)

沖縄での大会では、耳抜きの限界に近いところで記録に挑んでしまいました。
幸い鼓膜には損傷はなかったのですが、しばらくは耳に不快感が残ってました。


フリーダイビングの事故(トラブル)は精神的な面が大きいのではないかと私は思っています。

慢心、過信、油断、緊張。

しかし、どんな事態に至ってもチーム員が協力しあい、最悪の事態を回避できる体制が、フリータイピングチーム無限には整っていると私は感じています。

いれからも、お互いにサポートしあいながら自己ベスト更新を目指してフリーダイビングを続けていきましょう。

安全ダイビングで!

8月2日 BBQ 
たけ (30〜39才) @大阪府 8/6(水) 06:22:05 No.20080802062205 返信 削除
66,860バイト 63,323バイト
日時  : 2008年8月2日 9:00〜13:00
場所  : 若狭町神子 わかめポイント
天候  : 曇り
風    : なし
流れ  : 若干 波が少々
透明度: 10m
気温  : 34℃
水温  : 30℃ 
参加者: 金澤(♂)さん 山田さん マイルズさん 後藤さん 竹之内
見学  : 金澤(♀)

予定通り練習開始、わかめポイントにしては波があると思いました。
また海面にゴミが結構漂っていてちょっと不快でした。
フロートを2個使用して
金澤さん、マイルズさんチーム
山田さん、後藤さん、竹之内チームでUPを行う。
フロートが寄ってしまうのが気になりましたが、気づいた人が
適度に距離をとっていたと思います。


ターゲット          
竹之内     CWT  -35m  成功
金澤さん    CNF  -30m  成功
山田さん    FIM  -30m  -24m
マイルズさん  FIM  -20m  成功
後藤さん    CWT  -12m  成功

休憩

レスキュー
事前にトラブルの予告なしでのレスキュー練習、
私は金澤さんのサポートに付く、変な方向に泳ぎだしたので
即、浮上させたが、変な方向に泳いだだけでレスキューが入るのは
大会などではちょっと問題もあり、冷静な見極めが必要と反省
マイルズさんは、サポートに入った時に競技者にOKサインで確認していたので参考にしたい。

その後
全員が宿泊だったんで、今回は浜辺でBBQを行いました。




1.  山田 (40〜49才) @大阪府    8/6(水) 08:43:10 No.20080802062205-1 削除
左側の写真、いいですね。絵になっています。


2.  TUKA (30〜39才) @兵庫県    8/6(水) 22:56:56 No.20080802062205-2 削除
練習お疲れ様です!

たしかに、左の画像綺麗ですね〜料理もおいしそう!

7月27日 幻のイルカ? 
強化部長 (30〜39才) @奈良県 8/5(火) 20:46:14 No.20080727204614 返信 削除
天候 晴 午後から、一時大時化(数時間後、快晴)
水温 29℃ 
参加者 6名
金澤(♂)、竹之内、山田、中野、マイルズ、酒井
見学:金澤(♀)

朝8時30分のブリーフィングで午後から天候が崩れるとの天気予報を全員が再確認。
(雷を伴うとの事から、早めに練習を切り上げる可能性がある事も)

昨日の夜は、皆さんに沖縄での大会の祝勝会を開いていただきました。プレゼントも頂きました。
ありがとうございました。

昨日の宴会(?)のつかれもあって、皆さん軽めの練習内容になりました。
金澤さんは練習には参加せず、ビデオ撮影。
竹之内さんはサイナスが不調の為、ほぼ見学。
私(酒井)もターゲットは行なわずにサポートを中心とした練習としました。

中野さんがFIMで自己ベストの-40mを記録しました。


午後からカミナリが鳴り始め、練習会を終了。
えびす屋さんに戻り、お風呂にはいっていると天候は急変。
嵐のような天候になってしまいました。
小さな船では、転覆してしまうような風でした。

福井の気象台では、瞬間最大風速29、7mを記録したそうです。
(福井県の敦賀では、強風の為に大きな事故がありました)
海況には充分注意しましょう。


最近、若狭湾にイルカの群れが小魚を追いかけてきていて、湾内で時々観察されているそうです。(冠島方面)
今日の練習中にも、わかめポイントの近くでイルカが泳いでいたとの事。(えびす屋さん談)
残念ながら無限のメンバーは誰もみる事はできませんでしたが‥

7月26日 神子海洋練習  
マイルズ 8/5(火) 18:03:04 No.20080726180304 返信 削除
私の最初の海洋練習、そして初めての日本海でした。プール練習ばっかりだった私には海での体験がどんなものになるのか、どう感じるのか全く予想はできませんでした。

実際に、こうなりました:

流れ:なし
風:なし
太陽:強かった!
透明度:10〜12m
水温:30〜31度(水面)
参加者:金澤(♂)、竹之内、北原、酒井、中野、マイルズ、後藤
見学:金澤(♀)
★ターゲット結果
1.北原CWF-50m申告 達成
2.金澤(♂) CWF-50m申告 達成
3.酒井 FIM-50m申告 達成
4.中野 FIM-38m申告 達成
5.竹之内 CWF-15m申告 達成
6.マイルズFIM-20m申告 達成
7.後藤 CWF-11m申告 達成

★レスキュー
二つのチームでSWBOのダイバーを水面まで運ぶ練習でした。

★レスキュー後の個人練習
自主連ありました。レスキューの練習、またはコンスタント、フリーイマージャンの練習をしました。

ついに、顔にはマスクの型が残るほど日焼けをしました。

夜はお祝いがありました。先ずは酒井さんの祝勝会を開きました。すごいご馳走でした!後は日曜日は竹之内さんの誕生日でしたので、それもお祝いしました。そのあとはOKINAWA FREEDIVING CUPのビデオ見ましたー竹之内さんは寝ながら!

1.  MAGY     8/11(月) 20:20:32 No.20080726180304-1 削除
訂正ひとつ。僕のターゲットはFI:50mでした。

7月19日 神子海洋練習 
金澤 7/21(月) 22:25:31 No.20080721222531 返信 削除
36,936バイト 55,004バイト
48,153バイト
日時  : 2008年7月19日 9:00〜12:40
場所  : 若狭町神子 わかめポイント
天候  : 晴れ(時々曇り)
風    : 北から 0〜2m程度
流れ  : 北から 少々
透明度: 8m
気温  : 30℃
水温  : 27℃
参加者: 北原、中野、後藤、金澤(♂)
見学  : 金澤(♀)

いつも通り、WUPを各自3本程度ずつ実施後、ターゲット

1. 北原 FIM 申告:50m 結果:45m ※1
2. 金澤 CWT 申告:50m 結果:43m ※2
3. 中野 FIM 申告:35m 結果:35m ※3
4. 後藤 FIM 申告:11m 結果:11m
5. 北原 CNF 申告:30m 結果:30m

※1 左耳がぬけなかった
※2 船固定用のブイと潜降ロープとが43m地点で重なっていたため、
    途中で引き返した
※3 ボトムプレートの調整ミス(50mの設定のままとなっていた)のため、
    申告深度を超えてもすぐに気づかず、実際には37m潜ってしまった
    (全員反省・・・)

休憩をはさんで、レスキュートレーニング
まずは、ボトムでラニヤードがからまった場合の対処の練習
を実施。
みんな慣れてきていますが、定期的に練習しておいて、体に
しみこませておきましょう。

その後、水面での各種キャリー法を(参考までに)試しました。
(ヘッドキャリー、ヘアキャリー、リアキャリー、クロスチェスト
キャリー、フィンキャリー?)

最後に、各自テーマを決めての練習に入りましたが、
ここで私は練習風景を撮影することにしました。
透明度が悪かったのと、まだビデオカメラの操作になれていないのもあり、
映像はいまいちでした。


反省会では、以下のような話をしました。

  ・ターゲット時、フロートにつかまって呼吸を整えているが、
    なるべく船との接続用のロープをつないでいる側と反対側
    につかまるようにしよう。
    (潜降時にロープとからむのを防ぐため)
  ・ターゲット時、浮上後30秒はフロートにつかまっておいて
    もらうのは続けていこう。
  ・さらに、記録会に向けて、30秒後に判定をしよう。
    (ホワイト・イエロー・レッドのカードを作成してフロートに
    つなげておく)
  ・さらに、その際の役割分担を明確にしよう。
    (メインのセキュリティはセキュリティのみに専念し、
    バックアップのセキュリティがカウントダウン・潜水時間
    計測・SP完了までの時間計測・浮上後30秒の計測・その後の
    判定までを実施、等)
  ・ターゲット時、ボトムプレートを上げ忘れてしまったのは
    まずかった。今後このようなことがないよう、注意しよう。
  ・ターゲット時、ボトムプレートを上げる手間を少なくするために、
    フリスビーなどをボトムプレートがわりに素潜りで後付け
    するなどの対応を考えよう。
  ・特にターゲット時、他の人が潜っている時には、セキュリティに
    あたっていなくても気を抜かないようにしよう。
    少し慣れてきた頃に気を抜きがちなので、気を引き締めなおそう。
  ・船固定用のブイと潜降ロープとが絡まないよう、フロートの位置
    に気をつけよう。(少し長めに距離をとるよう心がける)

反省会後は、今後の大会・記録会運営について、CBS製作について話し
合い、終了・解散。


[ 1 .. 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 ]  次へ

管理〔0〕 MiniBBS