イベントログ

※ 練習会等のイベントのレポートです。
※ 写真等に関する無断転載はご遠慮ください。
※ 管理者によって許可された投稿のみを公開しています。
※ 誹謗・中傷その他不適切な投稿に関しては、予告なく削除いたします。
※ 写真等を添付する際には、著作権・肖像権等に配慮してください。
※ 写真等を添付する際には、640px × 480px 程度にサイズを落としてください。
※ 本文中における「透明度」とは垂直方向に見える距離とします。水平方向に関しては「透視度」と表現してください。
※ ログへの記載事項は、記入ガイドラインを参考にしてください。

なまえ
メールアドレス
タイトル
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

576件中536540 (ページNo.108)      ホームページに戻る

絶好調な土曜日 
たけ (30〜39才) @大阪府 9/9(火) 20:40:15 No.20080907204015 返信 削除
81,491バイト 66,870バイト
99,759バイト 68,095バイト
日時 2008年9月6日 土曜日9:00〜13:00
場所 わかめポイント
天気 晴れ
風 1m〜2m 今回から風力計で測定
波 わずか
流れ 若干
透明度 20mオーバー
気温 30度
水温 28度
参加者 金澤(♂)さん、中野さん、竹之内
見学 金澤(♀)さん

快晴に恵まれて、海況も絶好のコンディション!!

前半
いつも通りのウォーミングアップですが、中野君がサイナス不調でターゲットを
キャンセル、ターゲットは金澤さんと私で行いました。

ターゲット結果
1、金澤  CNF 40m 成功
2、竹之内 FIM 37m 成功

FIMではありますが、鼓膜を破った深度まで潜れました。特に今回は息にも余裕があって
もうちょっと行けそうな感じがしました。

後半
中野君のサイナスの調子も戻り、3人で練習を再開

レスキュー練習
公式の大会でサポートは-20mで1分の待機が出来るスキルを要求されるとの事なので
今回は-15mでラニヤードの解除と-15mからの溺者の引上げの練習を行いました。
-15mからの引上げは結構きついです。ターゲットよりも息が上がりました。
目標は-20mからの引き上げが出来るようにしていきたいです。

個人練習
NFをはじめて練習してみました。-1〜-2m近辺でもがいていたみたいですが
一応-10mまでは行けました。

反省
練習時など、ラニヤードの付け忘れで潜ると時があるので、サポートは要注意
大きな流木が流れてきたので、水中だけでなく、周りの状況、安全に常に気を配る必要が
ある。

練習終了後
金澤さんは、消防署へ挨拶へ
中野さんと私は ロープ計測の場所の下見とカウンターバラストの改良と調整を行いました。


夕刻より
山田さん、後藤さんと合流してBBQ&花火大会

写真説明
左上より時計回りで
BBQ 兄弟 BBQ花火部長 ゑびす屋さん差し入れ「たこの丸焼き」 

20080831調子いいぜ!わかめはベストコンデション 
NAKA 9/3(水) 15:50:23 No.20080903155023 返信 削除
8月31日 日曜日
天候:晴れ
気温:29度くらい
水温:28度
ポイント:わかめポイント
時間9:00〜12:30
風:ほぼ無し
波:ほぼ無し
流れ:北からの流れ少し
透明度:20m
参加者:竹之内さん、山田さん、後藤さん、中野
見学者:金澤(♀)、金澤(♂)


昨日までの雨もすっかり上がり、天気上々の薄曇。
波も穏やかユーラユラ、透明度もスッコーン!と20m以上と、
まさに絶好の海日和!

てな訳で、昨日の練習会でラッシュ一枚でターゲットに挑まれ、見事タグと同時に風邪も持って帰られた(笑)
体調不良の金澤代表を船上に残し、練習開始。


透明度がかなり良いので距離感が狂う。深度20mのボトムが15mくらいに感じる。
ほんの少し流れがあったのだが、水面待機中に自分が流されているのに気づかないこともしばしば。

ターゲット
1.中野 FI-42m申告 達成
2.竹之内さん FI-30m申告 達成
3.山田さん CWT-25m申告 失格※到達するもSPが15秒を越えていたため
4.後藤さん FI-15m申告 達成

私はようやく40mの壁を突破!!
リバースパッキングをマスターできれば今シーズン中の50mも夢じゃない??か??な?
ま、あせらずじっくりと。

ターゲット後は各人さまざまなBOを想定してのレスキュー練習を1本ずつ。
小笠原以来、ロングフィンが壊れた状態なのでミューフィンで練習に参加していたのですが、さすがに水中15mから人を引き上げるのは至難のワザ。
両足がつりました。

この日はコンディションが良いのでみっちり練習してからのエキジット。
金澤夫妻は船上でヨガを行っていたそうです。


追記:
わかめポイントまで向かう途中、海面に漂う死んだ鹿を発見!
ちなみに金澤夫人は神子海水浴場で猪Jrの死体を見たそうです。

このところの悪天候に足を滑らし水死したのか…。
鹿、結構デカかったです。

1.  山田 (40〜49才) @大阪府    9/4(木) 21:00:00 No.20080903155023-1 削除
山田です。
ターゲットの数字ですが、
申告が-30mで、プレートに触れたかどうか?、タグを取って来れず、SP失敗、ダイコンの記録は28.2mというのが
正解です。


2.  たけ     9/5(金) 08:12:38 No.20080903155023-2 削除
竹之内です。
ターゲットの数字ですが、
申告が-35mで、達成が
正解です。


3.  NAKA     9/5(金) 11:08:37 No.20080903155023-3 削除
山田さん、竹之内さん
数字間違い、大変失礼いたしました。

たけさん、鼓膜は完全復活ですね〜。


4.  MAGY     9/6(土) 17:23:07 No.20080903155023-4 削除
NAKAさん、すでに去年の僕を越えてるし。
みんなの成長が怖い・・・。

8月30日 海洋練習 
金澤 8/31(日) 23:28:18 No.20080831232818 返信 削除
日時: 2008年8月30日 9:00〜13:00
場所: 若狭町神子 わかめポイント
天候: 雨
風  : 北風 1〜2m程度
波  : わずか
流れ: ほぼなし
透明度:22m程度
気温  :25℃
水温  :27℃
参加者: 北原さん、竹之内さん、金澤(♂)
見学  : 金澤(♀)


★ 前半の部

各自2〜3本ずつウォームアップをした後、ターゲット

私のウォームアップは、
  1本目: FIM 20m (水温を確かめに)
  2本目: FIM 10m ボトムでSTA 2分
  3本目: FIM 10m ネガティブ
としました。

☆ ターゲット結果
  1. 金澤   CNF 40m - 成功
  2. 北原   CNF 33m - 成功
  3. 竹之内 FIM 33m - 成功
     ※ 敬省略

私は、ラッシュガードだけでCNFにトライしました。
雨が降っていて思ったより体が冷えてしまったせいで、思ったより
余裕がありませんでした。

透明度は今シーズン最高で、雨だったにもかかわらず、22m
ほど見えていました。


★ 休憩

☆ 今日のおやつ
・ピスタチオ
・コアラのマーチ(まゆげコアラ発見!)
・じゃがりこ サラダ味
・ばかうけ 情熱海老カレー味


★ 後半の部

本日はレスキュー練習も兼ねて、CBS動作確認をしました。
  ・船への取り付け方法
  ・危険箇所の確認
  ・改良点の確認
  ・引き上げシミュレート
  ・その他


★ 反省点

CBS動作確認での課題について話し合いました。
  ・ラニヤードをウェストにつけていると、引き上げの際にかなりの
    抵抗があった。
    また、あおむけの状態にして引き上げる形となってしまい、
    口から海水が入りやすい。
  ・滑車の変わりに三方ローラーを使っているが、それでもロープが
    ずれやすい。
    今回の試行では軽めのウェイトでシミュレートしたが、本番用の
    ウェイトであれば問題なさそう。
    それでもずれるのは怖いので、ずれないようにリングを取り付ける。
  ・CBSを作動させる場合に、どこを操作すればいいのかが分かりにくい。
    とっさの時に迷うことがないよう、目立つ目印をつけておく。
  ・CBS取り付けに関して、CBSがずれないように、ボルトなどで出っ張り
    をつける。
  ・浮上後、CBSのフレームに頭をぶつける恐れがあるので保護材を
    つけることを考えているが、古くなったウェットスーツを切り取って
    作ってはどうか。
    ついでに、練習中に船の船外機に頭をぶつける恐れがあるので
    同じように古くなったウェットスーツを切り取ってカバーを
    作ってはどうか。
         >>金澤宅で試作予定。
  ・その他

8月23日 海洋練習&神子花火大会 
MAGY 8/24(日) 15:50:18 No.20080824155018 返信 削除
日時  : 2008年8月23日 9:10〜12:45
場所  : 若狭町神子 わかめポイント
天候  : 雨のち曇り
風    : あり
波  : 1.2mくらい
流れ  : 若干・うねりあり
透明度: 10m
気温  : 30℃
水温  : 29℃ 
参加者: 金澤さん 山田さん 後藤さん 中野さん 伊藤さん 竹之内さん 北原

待ちに待った花火大会。と、その前にいつも通り海洋練習。この日は、はじめてカウンターバラストの設置テストも行いました。
朝から雨で、神子の練習会では珍しく沖の方では白波が立っています。
人数が多いので、この日も潜降ロープは2本用意。

それぞれのロープで2,3本ずつウォームアップを行いました。それにしてもこのポイントではあまり経験のない波とうねりでした。呼吸を整えるのも大変ですし、若干波酔いするメンバーも。
水温は高く、水中に流はないので練習は続行し、ターゲットダイブに。

★ターゲット結果
1.中野 FI-40m申告 未達-38m
2.金澤 FI-40m申告 達成
3.北原 CNF-33m申告 達成
4.山田 CWT-30m申告 未達-20m
5.竹之内 FI-20m申告 達成
6.後藤 CWT-17m申告 未達-15m
7.伊藤 FI-15m申告 達成
※敬称略

一旦休憩し、午後からはいつものレスキュー練習を行わず、金澤、北原、竹之内はカウンターバラストの設置テストを行いました。
強度的には問題なさそうですが、設置の仕方、両端に採用した三方ローラーに問題あり。まだまだ改良しなければなりません。

他のメンバーは山田さんをロープリーダとして自由練習。

★反省点
・北原がラニヤードの設置を忘れがちなのでなんとかして欲しい。
・おやつの量の多い時と少ない時の差が激しい。

13時頃帰港し、昼食を食べ、その後メンバーは昼寝、練習、シュノーケリング班に分かれる。天気はおおむね回復。

18時〜 追加メンバーと合流し、13名で宴会開始。

20時〜 浴衣や甚平に着替えて夏祭り会場の小学校へ。地元住民が誰も浴衣を着ていないなか、変に目立つ集団だ。焼きもろこし、焼きそば、フランクフルト、かき氷を食べる。

21時〜 いくら待っても花火が始まらない。

★その間、小学校校庭の鉄棒にて。
後藤 逆上がり 成功
中野 逆上がり 成功
北原 逆上がり イエローカード

22時〜 宴会部長の誤報だったのか、花火は22時から始まりました。
短い時間でしたが、近くで見られて良かったです。

22時30分〜 先日のテレビ朝日でのフリーダイビング特集を観賞。

24時頃 就寝

1.  みっちー     8/24(日) 21:04:05 No.20080824155018-1 削除
今回はキャンセルになっちゃってすみませんでした。
楽しそうな様子、羨ましい限りです。
何が気になるって「北原 逆上がり イエローカード」でしょー。
そんな北原君、大会お疲れ様&おめでとう!


2.  パパラッチ (20〜29才) @大阪府    8/25(月) 10:56:36 No.20080824155018-2 削除
26,763バイト

撒き餌する事態となり少々の波に耐えるスキルも必要と痛感しました。


3.  パパラッチ (20〜29才) @大阪府    8/25(月) 13:24:00 No.20080824155018-3 削除
28,531バイト

目と鼻の先で上がる花火は
ウン万発の花火大会より見応えありました。
幹事様、お疲れ様です&ありがとうございました。


4.  MAGY     8/25(月) 13:29:36 No.20080824155018-4 削除
>みっちーさん
ご参加頂けず残念でした。また次の機会に。
逆上がりイエローカードは簡単に言えば「上がったけど降りられなかった」という感じでしょうか。

>パパラッチさん
今回は本当にめずらしく波がありましたね。僕も久々に気分が悪くなりました。あと30分いてたらパパラッチさんと同じ事になっていたかも。

8月3日 神子はレジャー真っ盛り 
mayu @京都府 8/3(日) 22:08:23 No.20080803220823 返信 削除
練習会場である神子の「わかめポイント」周辺は、ジェットスキーやダイビング、島渡しなどなど、夏★本番!!

浜辺を歩くムチムチのビキニお姉ちゃんを遠い目で眺めつつ…

「あぁ、海ってこういうモンやんな…」

ウエットで身体は蒸れ蒸れサウナ状態。
本日もストイックに練習開始です。

流れ:なし
風:なし
透明度:8〜10m
水温:30〜31度(水面)
参加者:金澤(♂)、竹之内、山田、マイルズ、後藤
見学:金澤(♀)

★ターゲット結果
1.竹之内 CWF-35m申告 達成
2.金澤(♂) CNF-35m申告 達成
3.山田 FIM-30m申告 達成
4.マイルズ FIM-25m -22m
5.後藤 CWT-15m申告 達成

★レスキュー
マスクが何かの事故で外れてしまったことを想定した練習。
各自一定の深度に達したらマスクを外して浮上。
視界や水の感覚を確認。


★レスキュー後の個人練習
私はターゲット後の練習をパスし、水面でのサポートに回りました。やはり経験不足でして、みなさんの浮上スピードに付いて行けず、満足にサポートを行うことができませんでした。同じ目線からスタートして浮上すると、どうしても体力差を感じてしまいます。フィンワークを細めに行うとか、実力の範囲内で、もうちょっと余裕を持ってサポートできる方法を考えます。

今までシュノーケルなどでも、海で疲れを感じることはなかったのですが、本日はさすがに疲れを感じました。。

1.  MAGY     8/5(火) 11:14:19 No.20080803220823-1 削除
お疲れ様です。今から沖縄です。

細かいことですが、これまでのログ内で使用されている種目の表記に少し間違いがあると思います。

コンスタント・ウェイト・ウィズフィン→CWT
コンスタント・ウェイト・ウィズアウトフィン→CNF
フリーイマージョン→FIMもしくはFI

だと思うのですが、コンスタントウィズフィンはCWFと書くこともあるのかな?


2.  mayu     8/5(火) 22:27:40 No.20080803220823-2 削除
上記のは、ただ単に私の表記ミスです。ごっちゃになってしまいスミマセン。
たぶんログの流れからいって、CWTなんだと思いますが…
CWFのログもありますね。

私もどっちなのか、よくわかってないで書いてました。

どなたかご説明の上、訂正返信してください。


3.  金澤     8/6(水) 07:29:54 No.20080803220823-3 削除
コンスタント・ウェイト・ウィズフィン は、CWTが一般的でしょう。
AIDAでの競技規則は、英語版・日本語版ともにCWTと表現されて
います。また、AIDA-InternationalのRankingも、2003年以降CWTで
統一されています。

FREE、IAFDなど他団体については調べていませんが、少なくとも
日本ではCWTの表記が一般的ですし、無限でもCWTの表記でいきましょう。


4.  たけ @大阪府    8/6(水) 07:47:26 No.20080803220823-4 削除
ログでは-35mになってますが
この日はCWTで-37mに挑戦、成功はしましたが
鼓膜を損傷してしまいました。

経緯
CWT-35mも3回成功して、余裕ではないですが、もうちょっと
行けるかなと思い。
この日は-37mの自己新を申告、アップもいつも通り体調も問題ないと
思ったので申告通り-37mに挑戦。

潜行中は特に問題は無かったと思いますが、ボトムプレートが
見えて最後の耳抜きをしようと、もがいているうちにプレートに
に到達、速度が止まったので、ボトムで耳抜きが出来ましたが
いつもと違う感覚というか音を左耳に感じました。

痛みとかは無く、ボトムに有るはずのタグが無いことに焦る。(後記)

浮上時も特に問題なく、目眩とか、方向感覚に問題は無かった。
浮上後、SP 30秒後OK、左耳に違和感があったが、普通に音も聞こえて
いたのでちょっと強く耳抜きをしてしまったからだろうと思っていた。
なにより自己新達成の満足感に浸ってしまう。

その後に金澤さんのターゲット、私はサポートに付き、潜行しようとするが
左耳が抜けず激痛が走る。その時に初めて左耳の異変に気づく。
水面で耳抜きの要領で耳に空気を送るとシューと抜けて行く
鼓膜が破れていると、この時始めて判った。


反省
スムーズな潜行が出来なければ、引き返すのは当たり前の事ですが
一番の問題は耳に異変を感じながら、サポートに入った事です。
今回は山田さんがすぐに私の変わりにサポートに入って
くれて事なきを得ましたが、サポートに入る時も万全でなければ
ならないと思いました。
「大丈夫だろう」と言う過信が一番危険に思いました。

後記
今回、ラニヤードに一回り大きなカラビナ(ちょっと重い)を付けて潜りました。
もしかしたらタグの洗濯ばさみにカラビナがぶつかって、外れて
しまったのかもしれません。改良の余地ありますね・・・・

鼓膜は病院にいきましたが、中耳炎を起こしているので、ちょっとの間、通院します。
診断結果は後日ご報告します。


5.  強化部長=酒井です。 (30〜39才) @奈良県    8/6(水) 21:45:45 No.20080803220823-5 削除
竹ノ内さん、大事に至らなくてよかったですね。
私も、同じような経験をした事があります。
(サポートに入れなかった事、奇遇?にも私も山田さんに助けてもらいました)

沖縄での大会では、耳抜きの限界に近いところで記録に挑んでしまいました。
幸い鼓膜には損傷はなかったのですが、しばらくは耳に不快感が残ってました。


フリーダイビングの事故(トラブル)は精神的な面が大きいのではないかと私は思っています。

慢心、過信、油断、緊張。

しかし、どんな事態に至ってもチーム員が協力しあい、最悪の事態を回避できる体制が、フリータイピングチーム無限には整っていると私は感じています。

いれからも、お互いにサポートしあいながら自己ベスト更新を目指してフリーダイビングを続けていきましょう。

安全ダイビングで!


[ 1 .. 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 ]  次へ

管理 (1) MiniBBS