イベントログ

※ 練習会等のイベントのレポートです。
※ 写真等に関する無断転載はご遠慮ください。
※ 管理者によって許可された投稿のみを公開しています。
※ 誹謗・中傷その他不適切な投稿に関しては、予告なく削除いたします。
※ 写真等を添付する際には、著作権・肖像権等に配慮してください。
※ 写真等を添付する際には、640px × 480px 程度にサイズを落としてください。
※ 本文中における「透明度」とは垂直方向に見える距離とします。水平方向に関しては「透視度」と表現してください。
※ ログへの記載事項は、記入ガイドラインを参考にしてください。

なまえ
メールアドレス
タイトル
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

576件中206210 (ページNo.42)      ホームページに戻る

無題 
櫻井 6/17(水) 23:18:06 No.20150617231806 返信 削除
開催年月日:2015/6/14 10:00〜13:30
開催場所:神子 わかめポイント
参加者:青山リーダー、柳原、櫻井

気温:28℃
天気:晴れ時々くもり
水温:23℃
風:南東微風
波/うねり:少し
流れ:少し
透明度:5m


ターゲット結果
青山 FIM 41m ホワイト
柳原 FIM 38m レッド(SP中に、あれっ?と言いジャッジを探す)
櫻井 CWT 38m ホワイト

リーダーとサブリーダー2名の練習だったので
全体的にスムーズかつ、集中して練習が行えました。


セーフティ練習:15m〜18mからの引き上げ
引き上げる距離が長いので、無理の無い速度で引き上げました。
初速さえ出せば、10m以降は浮力を利用し
距離が長くても、少ない力で引き上げれました。

連絡事項
タグが少なくなっているので近いうちに追加しましょう。
倉庫の中にタグ用のゴムは残っています。

前日に引き続きクラゲの被害がありました。
突如、叫び声が聞こえたそうです...

神子30m or 50mクラブの記念ステッカーを
倉庫の文房具の入れ物に入れておきました。

猿、蜂、キビナゴ 
中間 (20〜29才) @大阪府 6/13(土) 17:10:05 No.20150613171005 返信 削除
開催年月日 : 27年6月13日
開催場所 神呼
参加者 竹之内リーダー、北原さん、林さん、中間

気温 26度
天気 晴れ
水温 22度
風  なし
波 なし
流れ なし
透明度 3m

ターゲットの結果
竹之内さん 40m FIM ホワイト
中間 15m CTW ホワイト
北原さん 35m FIM ホワイト
林さん 12m FIM ホワイト

<レスキュー練習内容>
水面での対処
水中での引き上げの対処 (各人のレベルに応じた引き上げ距離)

<指摘事項 気付いた事>

ターゲットの順番深い順が正当なやり方なのですが、今回は、セイフティーを均等にする為にこの順番にしました。
人数も少なかったので良かったと思います。

赤クラゲは、あまりいなかったのですが、刺された人もおりました
手袋とフードをつけましょう。

<その他,メンバーの感想>
•僕が正会員に昇進する為にCBSのセッティングから、セイフティーをしました。すごく緊張しました_| ̄|○
• 猿の縄張り争いで朝から賑やかだった
•北原さんがスズメバチに追われ、ボートには足長バチ、食事の部屋にも足    長バチ(´-`).。oO( 北原さん蜂に好かれてます!!笑
• 練習中、キビナゴ群れが衝突してきました^^;

久々の大人数での海練習 
柳原 6/12(金) 22:25:48 No.20150612222548 返信 削除
開催年月日:2015/6/7
開催場所:神子 わかめポイント
参加者:竹之内リーダー、青山、櫻井、なかい、濱田、村上、菊本、渡部、柳原

気温:22℃
天気:曇り
水温:水面21℃
風:北の風 少し強い
波/うねり:やや大きい
流れ:無し
透明度:10mくらい

人数が多いため2つのボートを使用した

<ターゲット結果>
青山       FIM 40m WHITE
櫻井       CWT 36m WHITE
竹之内      FIM 35m  WHITE
柳原              FIM 35m WHITE
菊本       CWT 28m WHITE
濱田       CWT  25m  WHITE
村上       FIM  25m  WHITE

ALL WHITEでした。

<レスキュー練習内容>
水中での引き上げ、20mからのCBS作動

<指摘事項、気付いたことなど>
・CBS作動時はレバーロックは両サイド共にフリーの方が抵抗が少なくて楽だった
・この日は波が高く、沖縄大会の練習としてはちょうど良い
 波が高いので、浮上後はロープの上の方をしっかり持つこと
・鼻づまりなど体調が優れないときは無理せずに船の上で休むこと
・レスキュー練習の引き上げは練習なので、慌てずしっかりと確実に行うこと
・この日はCBSと船自体を固定するのにロープを使わず、長い荷締めベルトを使った
 結ぶ手間が無くなって楽だった
・この日はスノーケル、ラニヤードを海に無くした人がいたので機材管理をしっかりすること

<その他、メンバーの感想など>
・風もあり、水温も低いので寒かった
・波が高くて水面で呼吸を整えるのが大変だった
・くらげ多し
・カモメとトンビに感動した

1.  櫻井     6/13(土) 21:44:18 No.20150612222548-1 削除
99,184バイト

CBS固定ベルト参考画像


2.  櫻井     6/13(土) 21:45:22 No.20150612222548-2 削除
108,749バイト

参考画像2


3.  櫻井     6/13(土) 21:50:38 No.20150612222548-3 削除
75,402バイト

参考画像3

無題 
なかい 6/2(火) 13:43:18 No.20150602134318 返信 削除
15/05/30(土)
天気:晴れ☀️ 風:北風 波:0〜0.5m うねり:なし 流れ:少し(北 → 南)
水温:海面(0m):22℃  水面下(-5m):18〜19℃
透明度:海面(0m):12m  水面下(-5m):20m
練習時間: 10:00〜13:00
参加者:青山(リーダー)、櫻井、濱田、なかい

浮遊物はまだあります(スノー状態)が少し潜れば透明度もよく、慣れたメンバーで効率的に気持ちよく練習できました。

ターゲット:
青山:FIM 35m ホワイト
櫻井:CWT 30m ホワイト
濱田:FIM 20m ホワイト

セキュリティ練習:クイックリリース
反省点
育ちの良さがでて(?)優雅にゆったりとした動作もあったので、セキュリティ練習は常に緊張感を持って行うようにだめ出しがありました。

その他
今回も豪華なランチをいただいてみんな大満足でした。
勝さん、いっつもありがとう!
晴れていた☀️こともあり、船上で準備、休憩中はかなり暑かった💦です。
水中と船上でかなりの温度差があるので、注意しましょう。
水タンクは出発時にお風呂の温度くらいでちょうどいいかもしれません。
熱いお湯を持って行きましたが、最後水をかぶるときにみんなでバツゲーム状態になっていました。

器材整理と勉強会 
柴田 5/27(水) 01:32:06 No.20150527013206 返信 削除
5/16(土)9:30〜16:30
場所:神子 えびすやさん
参加メンバー:北原さん、青山さん、柴田、柳原さん、なかいさん、濱田さん、林(成)さん、竹之内(通)さん、竹之内(さな)さん、櫻井さん、渡部さん
ゲスト:浅野さん、篠永さん、宮原さん、石川さん

〈面談〉
入会希望のゲストの方について、面談で無限の活動内容を説明。
器材を見てもらったり、多数のメンバーと会話するチャンスがあるので、器材整理日の面談はオススメ。

〈器材整理〉
柴田は前半面談対応しており、後半のCBS分解清掃と改造に参加。
分解組み立ての大部分の作業は、櫻井さんとなかいさんに経験してもらった。
CBSの整備不良やネジの緩み等は悲惨な事態に繋がりかねないため、メンバー全員がCBSの構造を熟知し、簡単な確認で異常を検出できることが望ましい。
今後も器材整理だけでなく、普段のレスキュー練習の一環として構造の勉強があってもよいかもしれない。

また、CBS専用工具を一式揃える必要がある。
現状、無限倉庫に十分な工具が無く(L字型の6角棒レンチはボルトをなめる恐れがあるので使うべきでない)、柴田や林さんの個人工具に頼っている。
今後の事を考えると、専用工具を一式揃えたい。
(5000円くらいか)

〈海洋シーズンの初めに考える勉強会〉
昨年の真鶴事故要因について、これまでに展開されていない、本人から直接ヒアリングした分析結果を柴田が説明。

要因は多岐にわたるが、
・ダイブプランやリスク回避の考え方がお粗末(他人と議論したことがない)
・自ら考える努力が不足
・限界を把握する技術は公知でない(誰も、他人の限界がどこにあるか知ることができないので止められない)
等が大きい。

これらの点については、メンバー同士、今後も活発な意見交換(相手を思いやれるコミュニケーション力が必要)が望まれる。
今回の分析結果について、柴田は当面資料を展開する気が無いので、勉強会に参加できなかった方はぜひ参加メンバー達と、柔軟な技術論と思いやりに満ちたコミュニケーションをとってみてくださいはーははは、は。

また、どこのチームでも、チームの文化には安全ノウハウが詰まっているが、背景としてそうした文化をどこのチームとも共有できていない選手であったことも大きな要因。
今の無限の弱点として、チームメンバーの分布が広く、文化の共有が困難になっていることについて、地域毎の練習体裁を整えられるだけの人数確保と練習ポリシーの共通化等、何らかの対策が必要と思われる。

1.  柴田     5/28(木) 23:10:10 No.20150527013206-1 削除
大事なことを書き漏らしていました。
真鶴からの教訓の一つとして、ポケットマスクを1個無限予算で購入し、海洋練習時に携行するようにしましょう。

ポケットマスクは近日中に柴田の方で適当に見繕って購入しようと思っています。

ターゲット前にケースから出し、ジャッジ役が手の届くCBS台に置いた状態でターゲット開始するようにしてください。


[ 1 .. 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 .. 116 ]  次へ

管理〔0〕 MiniBBS