イベントログ

※ 練習会等のイベントのレポートです。
※ 写真等に関する無断転載はご遠慮ください。
※ 管理者によって許可された投稿のみを公開しています。
※ 誹謗・中傷その他不適切な投稿に関しては、予告なく削除いたします。
※ 写真等を添付する際には、著作権・肖像権等に配慮してください。
※ 写真等を添付する際には、640px × 480px 程度にサイズを落としてください。
※ 本文中における「透明度」とは垂直方向に見える距離とします。水平方向に関しては「透視度」と表現してください。
※ ログへの記載事項は、記入ガイドラインを参考にしてください。

なまえ
メールアドレス
タイトル
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

576件中256260 (ページNo.52)      ホームページに戻る

意外に天気に恵まれる! 
青山 5/26(火) 19:56:18 No.20150526195618 返信 削除
2015年5月24日 
晴れ 風:0〜1m 波:0〜0.5m凪 うねり:なし 流れ:少々 
気温23度
水温水面 19度 水面下17度〜18度
透明度10m
練習時間 10:00〜13:00
参加者:青山(リーダ)、柳原、なかい 、櫻井

天気予報と異なり晴れたいい天気に恵まれ水温は低いですが少人数でじっくり練習できました。
この時期は水温が低いので効率よく練習を進めてあまり長くならない練習計画がポイントですね。

ターゲット
 青山 FIM 30m イエロー(28m未達)
 柳原 FIM 30m ホワイト
 櫻井 CWT 25m ホワイト
 なかい キャンセル

セキュリティ練習
・水中からの負傷者引き上げを行った。
・リキッドゴーグル+ノーズクリップの装備の選手引き上げを練習しました。
 マスクの時と同じように顔面を押さえてしまい無駄に選手の顔を押さえつけてしまった、リキッドゴーグル+ノーズクリップの装備も最近は増えてきておりセキュリティ練習で1度は経験をしておくと有効化と感じました。

その他
・ターゲット前にSPO2を計ったが、ターゲット直後に計り忘れた。→以後注意
・お湯タンクにお湯を入れて持っていくのを忘れた。→出発前に周囲確認
・クラゲ(ボウズニラ)いました、次回も引続き注意。→装備怠らないこと
・最初練習時間をを10:00〜13:30にしていたが、まだ水温も低く終了を13:00
 に途中で変更。 →水温が低いため練習時間設定には注意

1年8か月ぶり!? 
MAGY 5/24(日) 13:32:41 No.20150524133241 返信 削除
2015/05/24(土)9:30出港

晴れ
風:ほぼ無し
波:ほぼ無し 凪
うねり:なし 流れ:ほぼ無し 
気温22度
水温水面 19度
透明度 5m(浮遊物多数)

参加者:竹之内(リーダー)、林、北原、中間

先週も時間の勘違い、海況確認の不足などがあったようですが、この日も忘れ物や器材の準備不足がありました。
シーズンのはじめとは言え、事故につながらないよう気を引き締めていきましょう。

と言っている僕は電池切れでダイコンが用意できず林さんに借りる、ランヤードも作り直しが不完全でターゲットに失敗するという有様でした。反省。

また、潜降側に追加用の5kgのウェイトを持っていかなかった。
ボトムプレートがウェイトからアクリル板に代わったことを忘れていました。

3名でアップから開始。準会員の中間さんは船上で見学。
それぞれ数本ずつ潜ってターゲット。ターゲットはたけさんと北原の2名のみでした。

北原 FI -35m 結果 -28m イエロー(未達)
竹之内 FI -25m 結果 ホワイト

僕は潜降中にランヤードがロープに絡まってロックしたため、未達で浮上しました。

ターゲット後、SPO2を計ってみました。
北原 89% 脈拍59
竹之内 85% 脈拍80〜

その他
勝さんが船に人工芝をひいてくれていた。準備や休憩の時に楽だが、万一CBSを作動させた際に、足場として不安定になる可能性があるので、CBS付近からは撤去した方が良いでしょう。

船とCBSの「台」の固定方法は改めて考えることにしましょう。
たけさんがアイデアを考えてくると言っていました。

シーズンはじめと言う事もあり、お菓子が足りていません。
溶けないもの、日持ちする物、そして美味しいこと。

ランチが豪華でした。
勝さんいわく「まぎーさん今日で最後やから・・・」と。
まだ来るわいっ!!

1.  金澤     12/8(火) 23:19:21 No.20150524133241-1 削除
間違い修正
  ×5/24(土)
     ↓
  〇5/23(土)

器材整理の日 
いちごーな林 5/23(土) 14:08:10 No.20150523140810 返信 削除
2015年5月17日 記録:林
晴れ 風:0〜1m 波:0〜0.5m凪 うねり:なし 流れ:東へ若干強めのち南 
気温23度
水温水面 22度 水面下15度
透明度0〜4m

参加者:青山、柳原、なかい 、林、濱田、櫻井

機材整理・整備後、今シーズン初練習
赤潮が発生し、午前中、水面30cmは視界ゼロ
セイフティには下が見えず、きびしい。
時間経過で状況が変わっていく。
ーーーーーーー
濱田さん:
とりあえず寒かった。
シュノーケルを忘れてしまった。
操船練習ができました。
10時の出航が集合と勘違いしてた。
赤潮で視界不良で気分がのらなかった。

なかいさん:
耳が抜けなくて苦労したけど徐々に慣れてきた。
途中、わずかな鼻血があった。

●リーダーアドバイス:
大深度行けてもヘッドファーストが出来ないのは、
身体的にも今後負担になると思われるので
セイフティはフィートファーストではなく
ヘッドファーストで出来るようにしましょう。
>返答
耳の状態を確認しながら、抜けるならヘッドに切り替える
つもりだったが、その辺の意思疎通がリーダーと出来てなかった。
>20m超えてのフィートファーストはやめるようにしましょう

青山さん:
ロープリーダーを指名するのを忘れた。
周りが寒いと言ってるなか、5mmウエットで寒くなくマイペースで練習できた。

柳原さん:
集合時間を勘違えた。
海況確認もわすれてた。

桜井さん:
サーモラインを超えると急に水温が低く気分がめいった
思ったよりは、体はついてきてた。


フレンツェルを試したいがまだできてない。
バルサルバでひとまず耳抜き確認をした。
海での初モノフィンを試すが、なかなか思いどうりにいかず
足が疲れただけ。

◎CBS改造評価
前日の機材整理でCBSの改造を行った。
その効果をセイフティ練習にて動作させ確認した。

改造点:
@吊環を外し、摩擦による抵抗を減らす。
A外れ止めとして、ローラー上部にステンパイプを加工・取り付け

検証結果:
@吊環を外したが結果的にロープが横にズレて、今まで動いていなかった
縦ローラーも動き、ローラーの負荷が2倍に増えた。

巻き上げ速度
船上1名:0.5m/秒
船上1名カウンタ側水中1名:1m/秒
水中1名(3人練習時想定サブセーフティが巻き上げる):0.5m/秒
但し、10m引き揚げで相当疲れる。それ以上は船上の方が早い。

対応策:吊環を元に戻した。

1.       5/28(木) 17:23:05 No.20150523140810-1 削除
機材整理時の不足品、劣化交換品

非常水、非常食、CBSベルト
ダイバーナイフ、フロートカバー


2.  柴田     5/28(木) 23:19:39 No.20150523140810-2 削除
鼻血を決して軽視しないように、朝のブリーフィングの時から注意していきましょう。
ある深度で鼻血が出るということは、水圧と気圧の差が血管の破断応力を越えている可能性があります。
この場合、肺内部の血管も、いつでも破裂準備おっけー状態では?

柴田が練習リーダーの時は、鼻血深度のターゲットを禁止します。
その代わり、潜っても鼻血が出なくなれるような、普段陸上でもできるトレーニング方法をこっそり教えちゃいます(笑)

第七回無限インドア記録会【JAS公認】 
大井 (30〜39才) @三重県 4/17(金) 13:49:28 No.20150417134928 返信 削除
開催年月日:2015/03/28(土) 9:00 〜 16:30、打上げ 17:30〜
開催場所:三重交通G スポーツの森 鈴鹿(スポーツガーデン)
参加者(選手):青山、櫻井、村上、後藤(ゲスト)、林、中間、大井
(スタッフ):大井(実行委員長兼選手)、櫻井(副実行委員長兼選手)、
            金澤(安全責任者)、江原(ゲスト、看護師)、
            北原(セイフティリーダー)、中井(セイフティ)、
            柳原(セイフティ)、松橋(ゲスト、セイフティ)、
            濱田(公式ビデオ)
(ジャッジ):須川(ゲスト)、内田

【当日の流れ】
  (1)ルール勉強会
    本年からの新ルールとプール競技の内容に重点を置いて、ルール
    勉強会を実施
  (2)開会式、健康チェック
  (3)スタッフミーティング、レスキュー練習
  (4)DYN競技
    DYN/DNFのうちいずれか、今回は全員がDYNを選択
    選手7名 (申込み8名、1名キャンセル)
  (5)閉会式
  (6)打上げ


【競技結果】
青山 111m W
櫻井 127m R(BO)
村上  81m W
後藤 130m W
林    72m R(SP)
中間  79m R(SP)
大井 147m W

【表彰】
あついで賞 村上さん
次は神子に来てください賞 後藤さん
ベストセイフティフィンワーク賞 松橋さん

【感想】
・鈴鹿で初の公認記録会、さらに以下の点で国内初の試みであった。
    - コース貸切を2コースだけ(競技エリア1コース、WUPエリア1コース弱)
    - 水深2.6mのプールで実施
・急遽、開始を決定したにもかかわらず、皆様の尽力により無事開催終了することができました。ありがとうございました。
・世界大会基準で開催できる稀有なプールが、比較的借りやすいので、今後も記録会や大会を継続していければと思います。

尼崎プール練習 
渡部 4/5(日) 01:25:03 No.20150405012503 返信 削除
2015/4/4 @尼崎スポーツの森 15:00-18:00

正会員:金澤、中井、林
準会員:小林、渡部

【ターゲット】
○STA:渡部 自己ベスト更新 5分2秒 (申告 2分30秒) SP RED
     ・記録更新して、喜びのあまりハイタッチしてREDもった事例もあるそうなので、
      選手・セーフティ共に注意しましょう。
   ☆経験の浅いメンバーがいるときは、安全確保の為経験の深いメンバーが必ず一人は
      水面上にいるようバディ/ターゲット試技順を決める。

○DYN:小林 自己ベスト更新 58m (申告 50m) White
     ・「苦しく感じるまでの時間が長くなってきた」
       →・CO2耐性がついてきた
        ・正しいフォームになってきた
        ・慣れてきた
    渡部 水面浮上後、きちんとジャッジの位置を確認してSPすること。明後日の方向向いてちゃ、当然RED。
   ☆調子が悪い時はトライしない。きちんと自分と向き合いセルフチェックが出来なければならない。

【レスキュー練習】
○小林、渡部 対象。色々なパターンのダイナミック×3本
  ・水面まで引き上げた後、顎を下げて口を開ける。
  ・顔や体を叩かない。
  ・余裕があれば、ネックウエイトも外す。(気道確保のため)
○プールからの引き上げ練習 2パターン
  「プール想定」セーフティ2名で要救助者を水面から持ち上げ、プールサイド2名がそれぞれ
         足、手を持ち、引っ張り上げる。
  「海洋想定」 セーフティ2名で要救助者を船体脇まで移動させ、船上にいる者は要救助者の
         腕を持ち、一度水中に要救助者を沈める。次に、浮力を利用して一気に引き上げる。
   ☆誰が救急車を呼ぶのか、救急車はどこから進入するのか、誘導は誰がするのか、
         病院へ行くのは誰の車でどのルートで行くのか、このあたりまで
         考えているのがベスト。

【ダイナミックの練習】
○スタティックを挟んだダイナミック
  15秒程度スタティックしてから、そのままスタート。25mターン時に再び15秒程度スタティックし、
  続けてダイナミックに移行。スタティックを間に挟むことで力みが取れ、リラックス出来る。
○一つの事を意識してダイナミック
  ・膝を曲げない
  ・上半身を固定してぶれないようにする
  ・身体に当たる水流を意識する→セルフフォームチェックにつながる
  ・自分に丁度良いフォーム
  ・水深を固定する。
  ・自分に適した吸気量を探る(パッキング有無あるいはパッキング量)
 上記項目を25m 1本ずつ。
 ☆小林、渡部:ドルフィン時、腰が折れている。蹴伸びがきちんとできるように。
     小林:足が水面から出ることがある。ウエイトつけた方が姿勢が綺麗になる。
        →グライド時に速度の落ち幅が小さくなる。
     渡部:上体のブレを無くすこと。
  **参考**
   フィンスイムのフォーム練習動画
   Tutorial Training Monofin
   http://youtu.be/7-5q2Hb0zJo



練習の後はホームセンターでネックウエイトの材料を物色。
今回、自己ベスト更新2名ということで、皆さんソフトクリームでご満悦。

末筆ながら、反省を一点。
「遅刻しないよう、時間にはゆとりを持つ。」


[ 1 .. 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 .. 116 ]  次へ

管理〔0〕 MiniBBS