イベントログ

※ 練習会等のイベントのレポートです。
※ 写真等に関する無断転載はご遠慮ください。
※ 管理者によって許可された投稿のみを公開しています。
※ 誹謗・中傷その他不適切な投稿に関しては、予告なく削除いたします。
※ 写真等を添付する際には、著作権・肖像権等に配慮してください。
※ 写真等を添付する際には、640px × 480px 程度にサイズを落としてください。
※ 本文中における「透明度」とは垂直方向に見える距離とします。水平方向に関しては「透視度」と表現してください。
※ ログへの記載事項は、記入ガイドラインを参考にしてください。

なまえ
メールアドレス
タイトル
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

576件中371375 (ページNo.75)      ホームページに戻る

めぐ、正会員への道。 
あい 9/17(月) 20:46:23 No.20120917204623 返信 削除
開催年月日:2012/09/16(日) 9:00〜15:00
開催場所:神子 わかめポイント
参加者:竹之内(通)(リーダー)、竹之内(さ)、青山、柴田、熊澤、濱田、長江
      

気温:33℃
水温:28℃
天候:晴れ
風:6〜7m程度(南東の風)
波/うねり:風波あり
流れ:なし
透明度:30m程度

☆ウォームアップ
ロープA:柴田、熊澤、濱田、長江
ロープB:竹之内、さな、青山

☆ターゲット
柴田 申告:50mCWT 結果:50m ホワイト
熊澤 申告:42mFIM 結果:42m  ホワイト
青山 申告:40mCNF 結果:40m ホワイト 
竹之内(通) 申告:35mFIM 結果:35m ホワイト
濱田 申告:13mCWT 結果:13m ホワイト
さな 申告:30mCWT 結果:30m ホワイト
長江 申告:20mCWT、結果20m ホワイト

☆レスキュー
ウォームアップのチームで練習。たけチームはレスキュー練習として単独で行うのではなく、その後の練習と絡めて、フリーダイビングは何が起こるかわからないという設定で行う。
柴田チームは、ラニヤードのクイックリリースや-10mからの引き上げ、水面BOの対応の仕方、ボートに突っ込みそうな選手を助ける、など。

☆その後練習

☆お迎えまで時間があったので、クラゲに刺されながらみんなで水着で泳ぐ&潜る。そんなワケでQQ箱のムヒαを1本使い切りました(^_^;)

☆デブリで
1.昨日のカメラマンの件→人数が多く透明度も良かったので、ラニヤードは使わず。カメラマンに専属セキュリティがついた。
人数が少ない時や海峡が悪い時のカメラ撮影は控える。
2.今回柴田さんと私が偶然にも全く同じ!!タグを用意してきた。
いわゆる楕円形の番号札なのですが、サイズもちょうどよいとの事で、みんなに好評だった(*^_^*) 柴田さんと同じ考えだったのが笑えましたー。
・カウンター側のボトムのロープのもやい結びの部分にラニヤードが引っ掛かる。前は漏斗を付けていたが、知らぬ間になくなってしまい、今はもやい結びがむき出しの状態。漏斗を買いに行った殿曰く「最近の漏斗の形は変」なので、使えそうにないらしい。
柴田さんに、「長江さん案を考えてきて。」と言われましたが、未だ良い案思い浮かばず。結び目のカバーになるもので、セッティングしやすく壊れにくい何か、ありませんか??
・今日はめぐの正会員昇格がかかった練習会だった。レスキューもセキュリティーもばっちりの出来で、見事正会員に昇格!!おめでとう!!!!!
・おやつにチョコは×です。耳が抜けません。との事です。

☆感想
この2日間最高の海峡で、とても気持ちの良い海で練習できました。
サイナスが好調であればいくらでも練習したい海でした。
そして、東京から殿の大親友の熊さんがお来し下さいました。熊さん、またぜひお来し下さい!!

☆御礼
私のラニヤードがボトムで梅干しに引っ掛かる為、柴田さんに直して頂きました。柴田さん、ありがとうございました!!

以上です。

9/15練習会 久々の神子ブルー 
MAGY 9/16(日) 16:25:54 No.20120916162554 返信 削除
開催年月日:2012/09/15(土) 9:30〜14:30
開催場所:神子 わかめポイント
参加者:竹之内(通)、竹之内(さ)、青山、柴田、熊澤、長江
        濱田(準会員)、北原(リーダー)、一橋(見学)

気温:33℃
水温:28℃
天候:晴れ
風:6〜7m程度(南風)
波/うねり:風波あり
流れ:なし
透明度:30m程度

(個人的に)久々の神子は天気も良く、この時期だんだん良くなってくる透明度も抜群!
アップで降ろした、ロープも30mに設定したボトムプレートがはっきり見えました。
水温も先週より高く感じるという事で、非常に潜り易かったです。
クラゲも減っているそうです。カワハギの稚魚が一杯いました。

<ウォームアップ>
ロープA(CBメイン):竹之内(通)、竹之内(さ)、濱田
ロープB(CB逆側):北原、青山、長江
ロープC(フロート):柴田、熊澤
人数が多かったので、ターゲット終了までの時間を短縮する為、アップは3本のロープを使用した。

<ターゲット>
柴田 申告:50mCWT 結果:50m ホワイト
北原 申告:45mFI 結果:45m ホワイト
青山 申告:40mCNF 結果:40m ホワイト ※ベスト更新!
竹之内(通) 申告:40m 結果:40m ホワイト
熊澤 申告:40mFIM 結果:40m ホワイト
長江 申告:28mCWT、結果28m ホワイト ※ベスト更新!

オールホワイト!青山さん、長江さんは自己ベスト更新。
※さなさんはターゲットキャンセル。

<レスキュー練習>
レスキューは2班に分かれて練習した。その後も自由練習も2班のまま行った。

<デブリーフィング>
特に大きな反省点は無かったが、今後の課題として以前から問題になっている水中カメラマンに関して話し合った。
練習中の様子をカメラに収めるために水中カメラを持ってフリーで潜ることがこれまでにもあったが、実際このカメラ係が単独で潜ることはかなり危険です。

そこで、最低限カメラを持って潜る場合はそれを監視する者が必要であり、潜るならカメラ係もランヤードを装着するべきではないかと言う意見があった(つまりカメラ用のロープを一本用意)。

ターゲット時の撮影もセキュリティに関わる人員がすべて足りており、なおかつ2名の余裕がある場合は構わないのではないか。

これらについて翌日の練習で検証してみることとなった。

その他、緊急時のランヤードリリースについて意見交換をした。

1.  MAGY     9/16(日) 16:32:14 No.20120916162554-1 削除
同日、フランスで行われていた世界選手権では日本女子が見事に2連覇を達成しました!おめでとうございます。
無限からお祝いメッセージをムービーでお送りしました。

大所帯での練習会 
安田(しょう) 9/10(月) 23:53:33 No.20120910235333 返信 削除
開催年月日:2012/9/8(土)
開催場所:神子 わかめポイント
参加者:柴田さん(リーダー)、金澤さん、竹之内さん、さなさん、
    青山さん、伊藤さん、長江さん、
    準会員:安田(伸)、安田(祥)

天気:晴れ
水温:水面28度
透明度:約15m
海峡:波、うねりがややあり


<ウォームアップ>
ロープA:柴田さん(L)、金澤さん、さなさん
ロープB:たけさん(L)、青山さん、伊藤さん、長江さん

<ターゲット>
柴田さん 申告:50mCWTノーパッキング 結果50mホワイト
さなさん 申告:45mCWT 耳が不調とのことでした。
金澤さん 申告:45mFIMノーパッキング 結果45mホワイト
たけさん 申告:40mFIM 結果40mホワイト
青山さん 申告:38mCNF 結果38mホワイト
伊藤さん 申告:25mCNF 結果25mホワイト
長江さん 申告:25mCWT 結果25mホワイト
※間違いがあったら、すみません。

旧タグが紛失してしまったようです。
見かけられましたら備品カゴにお願いします。
(日曜日の練習会では、ジャッジカードが紛失していました。
 こちらも見かけられましたら、お願いします。)

<レスキュー練習〜自由練習>
ロープA:たけさん(L)、さなさん、長江さん、安田(祥)
ロープB:柴田さん(L)、金澤さん、青山さん、伊藤さん、安田(伸)

ロープBでは、安田(伸)の正会員昇格をかけて海峡の悪いなか、
厳しい特訓が繰り広げられていたようです。
それにしても、スパルタなメンバーですね。

自由練習中は、長江さんが写真を撮ってくださいました。
まるでプロのカメラマンのようで、写真を撮ってる姿を撮りたかったです。

<おやつ>
長江さんから塩ちんすこうをお土産に頂きました!
たっくんもピンク色が気にいっていたみたいです。

<デブリーフィング>
・注意しておろしたのにも関わらず、フロートからおろしている練習用潜行ロープに結び目ができていました。
 はじめから絡まっていたのか、下ろした後に絡まったのか原因は不明です。
 比較的細いロープなので、絡まりやすいかもしれません。
・大所帯での練習会で、ターゲットのウォームアップに時間がかかりました。
 アップでは、フロートからおろしている練習用ロープも利用するなど検討の余地があります。
・練習用ボートを1台追加して使用しました。今回は、荷物置き場として活躍。
 船をつなげておくロープが短すぎると追加ボートの揺れが、ロープ介してメインボートに伝わってくるようです。


<デブリからの連絡事項>
・潜行ロープをおろす際は、結び目ができていないか確認しながらおろす。
・オープナー(はじめに潜る人)は、潜行ロープに結び目ができていないか確認する。


<番外編>
今日は、安田(伸)が正会員に昇格しました!
おめでとうございます。
正会員への道の裏では…、
今日中にラニヤードを作るということで
福井のPrant2では、夜の駐車場でヘッドライトをつけた3人組がチクチクと犬の首輪を縫っていたという
本当にあったコワーい話。
明らかに不審者!

個人的には、本日正会員の昇格を目指す予定でしたが
色々な複合要因&不安がまさって1日遅れで無事正会員になることができました。
両面スキン5mmのロングジョンとかぶりで浮力たっぷり
(しかもやぶれてしまった!自分のせいですが…)ということで、
ウエイトがどっさり、(さなさん、追加していただきありがとうございます。)
やはり、ラバーベルトは偉大だと日曜日に感じました。

あと、クラゲがいっぱい浮いています。
クラゲがいなくとも触手が浮いているようです。
土日で刺された顔が腫れて、マスクをつけて仕事へ…となりましたので、
皆さんもお気をつけ下さい。

1.  柴田     9/12(水) 21:43:19 No.20120910235333-1 削除
<ぷち修正>
伊藤さん→伊東さん
ターゲット柴田ノーパッキング→パッキング有り
<ラニヤードについて>
神子無限倉庫に柴田資本でラニヤード材料を少し置いてあります。
・3oワイヤー 220円/m
・スナップシャックル 2000円
・トリガースナップ 1500円
・手首の緊急バルーン用リング 300円
・ワイヤーカシメ玉 安い
・ダブルリング 安い
・スミチューブ 安い
etc...
「Myラニヤード作りたいけど材料や作り方がわからなーい」という方、相談下さい。原価相当で譲ります。
助言は金次第です(ウソ)。


2.  安田(しょう)     9/17(月) 00:20:51 No.20120910235333-2 削除
伊東さん、すみません。
初ログでタイプミスしてしまいました…。

正会員昇格初日 
安田(伸) (20〜29才) @大阪府 9/10(月) 18:09:53 No.20120910180953 返信 削除
開催年月日:2012/09/09(日) 9:00〜13:00
開催場所:神子 わかめポイント
参加者:金澤(リーダー)さん、青山さん、安田(伸)、安田(祥・準会員)

気温:31℃
水温:水面29℃
天候:晴れ
風:7m程度、最大風速10m程度
波/うねり:ややあり
流れ:ややあり
透明度:20m以上


【ウォームアップ】
ロープA:金澤さん、青山さん、安田(伸)、
各人3回ほどFIを中心に回しました。


【ターゲット】
金澤さん 申告:50mFIノーパッキング / 結果:未達(40m強、耳抜き不調のため)
青山さん 申告:38mCNF / 結果:38m WHITE
安田(伸) 申告:20mCWT / 結果:20m RED(ジャッジ見忘れ)

やや波があったものの水温・透明度ともに高く、
そこそこ快適な環境でのターゲットになりました。
器材全般に不調はないように思われました。


【休憩】
青山さんが
「湿気たじゃがりこはマクドの冷めたポテトみたいで美味い」
なる説を展開、一定の支持を獲得していました。
篠宮龍三氏が推薦するとされるドライフルーツも、
後の練習時間で違和感を感じたりすることのない
秀逸な補給食であると思われました。
(じゃがりこをたらふく食べたあとに潜ると肺からじゃがりこの存在を感じる)


【レスキュー練習】
水中BOを想定した引き上げ訓練を実施しました。
技量的問題の克服のため、安田ズを集中して鍛錬していただきました。
引き上げのプロセス、体力、潜水力、そして一番の課題として
水面での対応が残りましたが、何とか最低限のラインまで
到達できたものと思われます。


【自由練習】
各自自由練習を実施しました。
あえてレスキュー練習をおこなった安田(祥)の姿勢が印象的でした。
練習途中でターゲットから残る耳抜き不調のため金澤さんが離脱、
続いておそらく人生初のリバースブロックを経験した安田(伸)が離脱しました。

金澤さんと安田(伸)で船底のフジツボへ局地戦を挑み、安田が確認した限り
ロープB付近のフジツボはかなり撃滅できたものと思われます。
金澤さんが金属ヘラを使っていた一方で安田がプラスチックヘラを使ったところ、
ヘラが傷だらけになってしまいました。


【デブリーフィング】
安田ズに複数の反省点が残りました。以下のとおりです。

まず、いの一番にすべき天候の確認が曖昧だったこと。
何気なく天気予報をチェックするだけでなく、風速・天気図その他
練習に影響しうる要素をきちんと把握することが課題です。

レスキューがまだ甘いです。とくに水面浮上後の
気道確保および海水による肺損傷回避の配慮が足りていません。

ラニヤード設置忘れを安田(伸)が二度もやらかしました。
手順がどうこうというより重要性を忘れた危険行為です。
同じ事を繰り返さないよう充分注意する必要があります。

器材への理解がまだまだ足りません。最終的には一人でも
すべての機材セッティングができるようにならねばなりません。
その過程の一つに、もやい結び以外の結束方法習得も含まれます。

水慣れが必要です。プール練習を主体的に行う方針です。
幸い近所(徒歩5分)にプールがあるので、環境は整っています。
あとは意識の問題です。


【安田(伸)の状況】
正会員昇格初日にして、上記デブリーフィングのように
多くの課題が残りました。一つ一つ解決していく必要があります。
とくに潜水技術外のことはまず埋めていきたいところです。

潜水技術については、なにはなくとも真っ先に、見苦しさに
定評のあるフォームを改善しなければなりません。

耳の不調からきたのか、人生初と思われるリバースブロック(?)を
体験しました。原因はいくつか考えられますが、中でも
速過ぎる潜行・浮上が大きいと考えられます。
フォームの改善とあわせて修正していかねばなりません。


【その他】
安田(祥)が正会員に昇格しました。本人いわく、
「レスキューのほうが耳が抜ける」とのこと。
実際、青山さんが溺者役をしたとき、ごく自然に10mまで到達していました。

前日夜、柴田さんの全面協力のもとラニヤード製作をおこないました。
全行程の9割9分が柴田さん任せになるというあまりにも情けない
状態になりました。裁縫、ナイフの取り扱い、パーツ選びと課題は山盛りです。
お忙しいなか負んぶに抱っこしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。
妻のものは私が積極的に作る所存です。
そして柴田キャンプでの訓練も含め、ありがとうございました。

1.  柴田     9/10(月) 22:44:27 No.20120910180953-1 削除
お二人とも、昇格おめでとうございます。むーげー。

リバースブロックの原因も複数考えられると思いますが、最多モードは「異物+押し込み」ではないでしょうか。
潜行速度が速すぎると、耳に違和感を感じても急停止できず、異物を押し込んでしまいがちです。
しかし、逆に潜行速度をいくら遅くしても、「異物が絡んで耳が抜けない」という1次要因への対処になりません。

練習の初めのうちは耳抜きに問題無く、途中から詰まるということは、水面での随時クリーニングが有効ではないでしょうか。

ちなみに、フリーハンドの人で、耳が抜ける時,抜けない時が1日の中でまちまちなモードは、筋力不足の可能性大です。
陸の上でできる事としては、「筋トレ」
海の上でできる事としては、「基本の動作を思い出す」,思い通りに体を動かせるように「リラックスする」
等が有効かと。

具体的な方法は耳タコっぽいので省略。


2.  金澤     9/10(月) 22:52:05 No.20120910180953-2 削除
・安田さん、正会員への昇格、おめでとうございます。
  一定の評価を得たからこその昇格ですので、自信をもっていいでしょう。
  課題はこれからも出てくるとは思いますが、あせらず、1つ1つクリアして
  いきましょう。
・ターゲット結果の訂正です。
  金澤結果は、ロープで48m(ダイコン47.7m)でした。
  右耳不調で、耳抜きのタイミングがうまくいかずにゼブラゾーンで完全ロック、
  あきらめて引き返してきました。
・金属ヘラ×3とプラスティックヘラ×1を、共用備品かごに入れてあります
  ので、次週参加の方も、時間とれるかぎり、船底掃除(特にフジツボ)の
  つづきをお願いします。
・倉庫にウェットボンド(スキン用)を置いておきました。
  現地でつい破ってしまった場合などには、ご自由にお使いください。

快晴べた凪 
金澤 8/27(月) 12:10:25 No.20120827121025 返信 削除
開催年月日:2012/08/25(土) 9:00〜14:00
開催場所:神子 わかめポイント
参加者:柴田、青山、竹之内(通)、竹之内(さ)、
        酒井(裕)(準会員)、金澤(リーダー)

気温:32℃
水温:29℃ (-40m付近で25℃程度)
天候:晴れ
風:無風〜一時4m程度(東風)
波/うねり:ほぼべた凪
流れ:ほぼなし
透明度:13m程度

<ウォームアップ>
ロープA:柴田(L)、竹之内(通)、竹之内(さ)
ロープB:金澤(L)、青山、長江

<ターゲット>
柴田 申告:50mCWTノーパッキング、結果:50m、タグ2つGET
竹之内(さ) 申告:40mCWT、結果:40m、タグが取れず(ひっかかっていた)
金澤 申告:40mFIMノーパッキング、結果:40m、ジャッジ見忘れRED
青山 申告:35mCNF、結果35m、WHITE
長江 申告:23mCWT、結果23m、WHITE

なぜかボトムでタグがからまっていたよう。
今回、タグを新しく補充したとはいえ、従来と大きな変更はなく、
各部品の大きさが違う程度。
からまった原因の分析が必要。

# 金澤が潜った時に少し観察したが、特にからまりは見られず、問題なく
# 引き抜くことができた。


<休憩>
ジャガビーのブームが続く。
小さな硬いメロンパンも人気。


<レスキュー1〜自由練習>
ロープ単で実施

ロープA:柴田(L)、竹之内(通)、竹之内(さ)、長江
ロープB:金澤(L)、青山、酒井(裕)

ロープBでは、準会員で海洋練習発参加の酒井さんにあわせ、練習の基本
の流れ(潜り方、サポートの仕方)、水深5mからの引き上げ等を一通り
体験してもらった。
その後、数本ずつ自由に潜りつつ、少しずつ補足を追加。
初日から全てを覚えるのは無理だと思うので、少しずつ慣れていきましょう。

<レスキュー2>
一通りの自由練習終了後、AIDA-Japan基準のCBS引き上げ速度 1m/s を満足
しているかを検証した。

選手が潜り始めて40秒後(選手がボトムにつく頃)にCBSを作動、
選手を-28mから0mまで引っ張り上げるのにかかる時間を計測。

    選手役: 竹之内(通)
    水中ロープひっぱり:金澤
    船上CBS作動、ロープひっぱり:竹之内(さ)
    ボトム設定:28m
    結果:26秒 (秒速約1.08m)

1m/sはクリアしたものの、ぎりぎりであった。
引き上げ約の体力によっては、1m/sを満足できない可能性あり。

現在は練習会ベースでのカウンターウェイト設定(競技ロープ側15kgに対し、
カウンターウェイト側20kg)のため、引き上げに多少時間がかかるのは
やむを得ない。
今後、記録会・大会時には、カウンターウェイト側の重量をいつでも増やせる
よう改良が必要。


<船底清掃>
船底に貝類の付着が目立つため、最後15分程度を使って船底清掃を実施。
金属のヘラが行方不明のため、硬めのタグを使った。
軍手も共用カゴから出されていた(乾かした後に入れ忘れ)ので、素手で実施。

特にフジツボは硬いため取りきれていない。
次回は金属のヘラを用意して、一通り清掃を終えたい。


<デブリーフィング>
・競技ロープ準備時、ボトムウェイトを海に投入中に、ロープを他の人の
  足にからめかけるヒヤリあり。
  ロープを扱う人、その周辺の人ともに、声をかけあって、注意して準備
  しましょう。
・人数が多い時は船上がせまく準備しにくい。
  何人かには先に海に入っておいてもらうようリーダーが指示する等の
  対策が必要。
・ロープワークは考えなくても手が動くまで慣れましょう。
・船底清掃用に、金属のヘラと軍手を次回までに補充する
・その他、海洋記録会を9/末に実施予定。都合のつく方はぜひどうぞ。


<金澤個人の状況>
・多忙・体調不良等により、前回から3ヶ月近くあいてひさびさの参加
・3ヶ月のブランク、最近の腰痛、前日の鼻炎や疲れ等を考慮して、
  ターゲットは今回も控えめに40mとした。
・息は全く問題ない深度・時間であり、水なれ目的でのターゲットとした。
・結果としては、サイナス・耳抜きともに絶好調で、まだ30mくらいのつもりが
  ボトムについていた。
・潜降速度が予定より速くでき、ボトムで時間があったため、「タグのからみ」
  を少し見学。しかし、まったくからんでおらず、タグもすぐに取ることが
  できた。からんだという要因もよく分からなかった。
・タグのからんだ要因を考えながら浮上、浮上後のSPはうっかりサポートに
  向けてしてしまった。
・いくら余裕があったとしても、SPでは気を抜くべきではなかったと反省。
・全般的には、天候もよく、のんびりと海を楽しめてよかったです。


<おまけ:花火大会>
・花火は例年より豪華で大好評。
・間近からの迫力花火が、人の混雑なく見れるのは魅力。
・屋台:焼きとうもろこし、フランクフルト、たこやき、やきそば、焼き鳥、
  かき氷、ジュース

1.  ヒゲ柴     8/28(火) 00:21:57 No.20120827121025-1 削除
<ロープAレスキュー練習>
・ボトム想定-10mでの選手セルフによるラニヤードクイックリリース
・ボトム想定-10mでのサポートによるラニヤードクイックリリースおよび水面への引き上げ
引き上げの練習と共に、ラニヤード構造を見つめなおす機会になったと思います。

<おやつ>
理屈的には、脂肪が少なく糖質のおやつが良いということに
なりそうですが、実際どうでしょうね。
その点、ミニメロンパンは好ポイントでした(笑)

<練習後半で耳が抜けにくくなる不具合モードについて>
水温が暖かく快適になり、勢い練習時間も長くなりがちですが、
練習初めは耳が抜けていても、後半になって耳が抜けなく
なる方が多く見受けられます。
典型的な不具合原因は、耳管開口部周辺に異物が溜まる,
鼻から入った海水の刺激で組織が充血する 等があると思います。

対策としては、水面でこまめに異物除去するテクニック,
マスクの圧平衡,マスクと顔のフィット感等が重要になります。
ヒゲを生やしている世をナメた選手の存在が、一部説得力を
半減させていますが、本当です。

鼻に海水が入りやすいレスキュー練習を、練習の最後に
割り振る配慮があっても良いかもしれませんが、
逆に自由練習で耳が抜けなくなってしまっては、
レスキュー練習メニューが成立しなくなるのがリーダーの悩みです。

耳管やサイナスへの通路の抜けを維持することを第一にお勧めします。
そのほうが一日楽しいし。


[ 1 .. 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 .. 116 ]  次へ

管理〔0〕 MiniBBS